Archive from 3月, 2012
3月 8, 2012 - 経営哲学    No Comments

社内SNS(3)

どもヾ( ̄◇ ̄)ノ

若松デス。

今回は前回同様『社内SNS』の続きを(笑)

これでシリーズ3話目。

今回こそ完結編。

 

さてさて…

何度も言うが

社内SNSは非常に重要である。

社内SNSを十分理解し、活用する会社組織は

必ず急成長する。

そのうえ、社会情勢がどう変化しようが

世の中のスピードがどれだけアップしようが

その変化にもすぐ適応出来る。

むしろ変化が起これば起こるほどに強い。

 

考えてみてほしい。

社員同士が交流を深めるだけではなく

会社をもっと良くしようという意見や提案が

どんどん上がってくる組織を…

まさに『進化する集団』

何が起こるか予測がつかない現代社会において

理想の形態ではないだろうか?

 

つまり………

 

 

 

(・□・;)ハッ

 

また前置きだけで最後まで行きそうだった(笑)

 

社内SNSは可能性を十分に秘めているが

落とし込むのが凄く難しい。

では、本題の

『どうやって落とし込むか』だが…

 

その方法は…

 

 

 

 

 

 

んなもん、あるかーい!!

(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

 

 

確実な方法があるなら

逆に教えてほしいわ(笑)

大切なのは一生懸命考えること。

上手く方法を模索し、沢山意見を出すこと。

実はこれが大切。

 

もちろん、うちの会社で決めたことを後で言うけど

そこにたどり着くまでスッゲー時間かかったし

だからこそ

『絶対に落とし込んじゃる!!』

てパワーが生まれる。

テクニックはあくまでもテクニック。

最後に鍵を握るのは

やっぱり強い想い。

 

それを踏まえた上で

うちの場合はというと…

今回2つ考えた。

 

まず一つ。

【情報共有のジャンル分け】

・んっ?もしかして…

・祝!お仕事入りました!

・提案!こんなんどうですか?

・制作アーカイブ

・クレーム対応!何とかしないと…

などなど

各部署にて様々なジャンルを用意し

その中で一件一件トピを立て

意見を交換し合う…

特に入ってきた仕事についての進行状況も

そこで話を進めるから

担当でなくとも把握出来るようになっている。

 

集団報連相+コミュニケーション+管理

といったところだろうか。

たくさんの情報があるからこそ

整理整頓が大切。

 

しかしながら

こんなことは誰もがやると思う。

それをやる上での重要ポイントは…

 

 

企業ひみちゅ♪ (*´艸`)

 

ただ、いくら書き込みルールを作ったところで

社員達の意欲が湧かないことには始まらない。

 

そこで考えたのが次の作戦。

【社内通貨の導入】

いわゆるポイントシステム。

ただし、ただのポイントではない。

お金に替えれるシステムなのだ!!

 

1ポイント=1GRAN=1円

書き込む場所や内容により

○○GRANが加算されていく。

もちろんこれをお金に替えることが出来る。

社長である私からすれば

社員一人一人の「意見」や「経験」というのは

非常にありがたい。

それが会社の命運を分けると言っても過言ではない。値千金の価値があるのだ。

であれば、そこにお金を払うなんて当たり前のこと。

 

実は前々から社内通貨を作りたかったのが本音。

それを今回SNSと合体させただけのこと。

それをどう活かすかは社長の腕次第。

ただ単に書き込みしただけでGRANが増えるのではなく

様々な社内イベントで増やしていこうと思う。

例えば…

 

 

 

これも企業ひみちゅ♪(*´艸`)

 

こんな感じで

楽しみながらやっていくのが

一番長く続くんじゃないかな?

 

一生懸命やる⇒楽しくなる

が理想だけど

 

楽しそう⇒いつの間にかハマる⇒一生懸命やる⇒楽しくなる

でもいいんじゃね。

もちろん一番楽しんでるのは若松だけど( ̄▽+ ̄)v

 

SNSの落とし込み+継続

がこれで出来るか分からないが

またここで報告します。