2021年3月18日

相手が喜ぶ姿を想像して

投稿者: 片原

先日、気になるニュースを発見しました。
なりたい職業、男子の1位に「会社員」が浮上…コロナ禍が影響?

いやぁ~
憧れられる職業になってしまった!(笑)
(^_^;ゞ

きっと、プログラマーに憧れるのは、
最高に面白いゲーム作りたいな~と思ったり、
冷暖房完備で、楽勝そう。儲かりそう。って思ったり、

現実とはかけ離れたとは言いませんが、一部しか見えてなくて、
そんなところばかりをイメージしているんだと思います。

今日もとある得意先様との打ち合わせ。
コミュニケーションモンスターとの打ち合わせは、
特に疲れます。

お陰様で、
グランテストは良いお客様に恵まれております。
凄くコミュニケーションを大切に思っている弊社社長と、
凄くコミュニケーションを自在に操るクライアント様との打ち合わせは
コミュ力不足の片原からすると、
ゴジラvsキングギドラをみている気分です。

しかし、今日はそのクライアント様の基幹システムに関する打ち合わせ、
コミュ力不足でも参加しない訳にはいきません。

圧倒されて貴社後くたくたなのは内緒ですw

話を戻すと、
プログラマーやITエンジニアにはそういった自分の喜びとはまた別のやり甲斐があります。

自分達の提案したサイトやシステムで
お客様が楽になったり、
お客様が儲かったり、
お客様が喜んでくださっている姿をみて、
挑・超・頂~・・・違った(^o^☆\(-_-;;
超・超・超~、嬉しいし、本当にやり甲斐があります。

そのマインドになっていないと、
この職業はツマラナイ職業かもしれませんし、
ひょっとしたら飽きる職業かもしれません。

私も、中2病だったのかもしれませんが、
中2の時にプログラマーになろう!って決めて、
PC好き・ゲーム好き・アニメ好きなオタクばかりの中に飛び込んで
プログラマーになりました。

同じ香川県出身で大学時代からゲームを作って儲けまくっていた中村光一氏をみて、
自分の目の黒いうちは食いっぱぐれないだろうと当時判断した打算っぷりは
中2の判断としては凄く正しかったと今も思います。

そして、目標を持つこと、

それに向かってチャレンジすること、

躓いても諦めずに進み続けることで、必ず達成できることを知りました。

この経験は宝物ですし、
今そうやってイケてるお客様と繋がれるのも、
素晴らしい仲間に恵まれるのも、
その自分があったからだと思います。

実際の仕事は間違いなく地味です。
しかし、本当に他の職業では味わえない喜びもあります。

AIに奪われる職業かどうかをヒヤヒヤ焦っている人も居ますが、
本当にくだらない議論です。

今やPCやスマホは人の数より多くなってそうです。
スマート家電はもとより、
クルマも自動運転になり、
スマートシティ化が進んで行くでしょう。

その割に、優秀なITエンジニアは極僅かといってもいいと思っています。

そうなんです!
というか、どうしましょう!
まだまだ現状ITエンジニアは不足しています!

グランテストでも、
WEBデザイナーで入っても簡単なプログラミングに近い物はマスターして戴きます。

ときどき聞かれる質問ですが、
机の前に座って単調な仕事で飽きるんじゃないか?
と聞かれると、
まったくNO!と伝えたい!

いや、じつは、
私も若い頃、某大手ソフト会社に居た頃、歯車になってる感があったのは間違いないです。
大手IT企業って同じ事ができるTOPレベルの人が沢山いるんです。
自分のアイデンティティを見失いかけたことも間違いないです。

でも、答えはやっぱりNO!なんです。

それは相手が人だからです。

コミュ力の無い人間からすると、ゴジラに見えようが、キングギドラに見えようが、
人間なんです。
感情があって、
相手が変化する以上、
相手の期待に応えて
相手が喜ぶ姿を想像して
相手が喜ぶ姿を実際に見ると、、、

この職業、本っ当に面白い。

世の中には、いろいろ搾取しているIT企業もあるらしいと聞きますが、
グランテストではそんなのとは全く真逆です。
やはり、
誰かのために働いて、
誰かの役に立ってこそ日本人であり、
グランテスト人であると思っています。

グランテストは現状の仲間も素晴らしい仲間に恵まれています。

え、キモイ?(^_^;ゞ
だってしゃーない。
本当なんですもん!w

逆に、誰かの役に立ちたい!というマインドの無い人や、
騙してでも儲けまくりたいと思う人は、グランテストには必要ないですね。

具体的な打ち合わせ内容は言えませんが、本当に今日もそう思えた次第です。
そんなグランテストにシステム制作のお問い合わせはこちらです。